「能登の発酵食を巡るツアー 」その1<七尾編>

Pocket

発酵食大学、大学院、通信部のみなさんの「石川の発酵食ゆかりの地をめぐりたい!」「発酵食を学ぶ仲間と旅したい!」の声にお応えして実現した「能登の発酵食を巡るツアー」。
NHK朝ドラ「まれ」で今話題の能登をテーマに、醤油・珍味クチコ・いしるなど発酵食の現場、輪島朝市・千枚田など能登随一の人気スポットをギュッと詰め込みました。
そしてお泊りはプロが選ぶおもてなしナンバーワンの宿「加賀屋」! 
能登の素朴な風土とゴージャスなもてなしを一挙に味わう旅、その様子をレポートしますね(^^♪

まぶしい夏の光がきらめく7月11日の金沢駅西口。
全国から来られるお客様をお迎えします。みなさん全員無事集合して、いざ能登の旅路へ(^^)v

150711_01

車内では今日から2日間の予定をご説明。ゆったりとした座席も快適です。

150711_02

金沢から約1時間半で七尾市一本杉通りに到着。
約500年の歴史ある街道筋に面影ある街並みが広がります。

150711_03

はじめに訪れたのは大正15年創業の「鳥居醤油店」さん。
石川県産の大豆と小麦を原料に、昔ながらの麹蓋(こうじぶた)で作った自家製の麹を使い、木桶で熟成して醤油づくりを行っています。

150711_04

三代目の鳥居正子さんが丁寧に作り方を教えてくださいました。

150711_05

絞った醤油を味見。
「美味しいね」「やっぱり違うね」
作り手の顔が見える醤油に感動の声がもれます。

150711_06

伝統の醤油づくりを見学した後は、一本杉通りを散策。
重厚な店構えは、昆布・海産物處「しら井」さんです。

150711_07

最高級の利尻・羅臼昆布を使ったダシ昆布やおぼろ昆布のほか、海藻、佃煮、干物などがずらりと並びます。美味しそー♪

150711_08

一本杉通りには伝統を守る素敵なお店が点在しています。
高澤ろうそく店」さんもそのひとつ。

150711_09

伝統の和ろうそくは、すすが出にくく、炎が消えにくいそう。

150711_10

鮮やかな柄のそうろくは、花の少ない冬期の仏壇用に作られたのだそうです。

150711_11

一本杉通りを散策したら、少し足をのばして、海沿いの「能登食彩市場」へ。
みやげショップや海産物の飲食店が一堂に集まった旅の拠点。

150711_12

オープンデッキからは七尾湾の雄大な眺めや観光船も眺められましたよ~

150711_13

お次は発酵食ポイントの2つ目「なまこや」さんへ。
戦後まもなく、なまこを使った商品製造を始め、日本三大珍味「干クチコ」で有名なお店です!

150711_14

なまこの腸から作るこのわた、卵巣から作る干くちこはともに高級珍味。

150711_15

製造は冬期間なので、DVDで工程を鑑賞。

150711_16

なまこやさんはなまこを使ったさまざまな商品を提案されています。
乾燥なまこを使ったプリンを試食させていただきました!

150711_17

コラーゲンたっぷりなので、翌日のお肌が楽しみですね♪

150711_18

日本三大珍味の「干くちこ」がありました!
なまこの卵巣を塩漬けにして干したもので、1枚になまこを数10kgも使う貴重なものです。

150711_19

そして、いよいよ初日のクライマックス、「加賀屋」へ。
名物の整列お迎えに、ワクワクドキドキ。期待が高まります!

150711_20

ロビーはもちろん、オーシャンビュー。

150711_21

そしてお部屋もオーシャンビュー!
何度も接待係の方が来て下さり、お迎えのお茶とお菓子にホッと心和みます。
日本を代表する一流旅館だけあって、館内の随所に美術品が展示されている加賀屋さん。
人間国宝級の美術品をめぐる「館内見学ツアー」に参加しました♪
ご案内の方が実際に作家さんに作品づくりの苦労やエピソードをお聞きしているだけあって、ポイントをおさえた解説に思わず聞き入ってしまいます。

150711_22

美術館でしか見られない素晴らしい名品の数々を堪能して、みなさんすっかりご満足の様子でした。

150711_23

お楽しみの夕食は大広間で。

150711_24

150711_25

“祝”って文字がなんだかうれしいですね♪

150711_26

総料理長が発酵食大学のために創作してくださった特別メニューです。

150711_27

お品書き↓

150711_28

さきほどの干くちこのミニサイズも登場。

150711_29

お造り

150711_30

和牛陶板焼き

150711_31

みなさんのお酒も進みます。北陸の大吟醸をオーダーする参加者も!

150711_32

ふかひれ茶碗蒸し

150711_33

石川の珍味、ふぐの真子の茶漬け

150711_34

デザート

150711_35

などなど、石川の発酵食品を目でも舌でもたっぷりと堪能させていただきました。
素朴な発酵食品も、加賀屋テイストになると洗練された趣に変身。
みなさんにもまた新たな発見があったのではないでしょうか?
明日のツアーも見どころ、食べどころがいっぱい!
どうぞお楽しみに(^^)v

糀
協賛企業

金沢

京都

名古屋