甘酒を料理に活用する方法♪【武蔵小杉校8期】

Pocket

みなさん、こんにちは。
武蔵小杉校の堀です。
さて、8期も第2回を迎えました。
今回のテーマは「甘酒」。
この1~2年甘酒への消費やみなさんの興味に変化があると感じています。
それはどのようなものか?以前は甘酒をドリンクとして楽しむ方が大半でしたが、ここ最近は進化して甘酒を甘味料や調味料として利用したいと思う方が増えてきています。

特にお砂糖の代用として甘酒を利用したいというリクエストを多くいただきます。
私の個人のお教室でもこういった要望は多く、大きな反響もいただきます。
今回の発酵食大学のカリキュラムでは、そんなご要望にもマッチした「甘酒を料理にも活用する方法」もお伝えしています。

それ以外にも甘酒を楽しむアイディアやヒントも。
さまざまな甘酒を試飲しながらみなさんと一緒に新しい発見をしていきます。

調理実習では毎回大好評の「甘酒肉じゃが」これは定番の人気メニューで毎回盛り上がります。
肉じゃがは私たち日本人にとって、定番中の定番のおかずですが、家庭によって味付けや入れる具がまちまちです。
切り方も違うので私自身とても面白く毎回拝見しています。

この定番メニューの肉じゃがですが、煮崩れしないことやお肉を固くしない方法にはちょっとしたコツがあります。
難しいコツでなく、理由があってのコツなんです。
「料理は化学」な~んて言いますが、この肉じゃがはまさにその理論がつまった調理実習なんです。

発酵はハードルが高い、なんて思われることも少なくありませんが、実はそんなことはありません。
ちょっとした約束事さえ覚えていただければ、むしろレパートリーを広げてくれるアイテムなんですよー。
しかも日々のご飯が美味しくなる!
一人でも多くの方のご飯が楽しくなるように、お手伝いができることが私の目標でもあります。

さて、次回は味噌!
味噌もたーくさんの楽しいお話をしていきます。
その日の夜からお味噌汁を作りたくなりますよ♡
お楽しみに!

発酵食レシピをメールでお届け!


協賛企業

  • 加賀屋
  • 金城納豆
  • 四十萬谷本舗
  • 芝寿し
  • 高野酢造
  • 福光屋
  • ホリ乳業
  • ヤマト醤油味噌
  • 六星
  • 一の傳
  • 北川本家
  • 西利
  • 菱六
  • 藤原食品
  • 村山造酢