七尾市で能登サテライトを開講!

Pocket

今年6月に第1期を終えた発酵食大学ですが、七尾市では7月から5回に渡り、「発酵食大学 能登サテライト」として講座を開きます!
七尾市地域雇用創出協議会の商品開発育成セミナーの一環で、発酵食を通じての暮らし方を提案すること。
発酵食を通じて地域おこしすることを目的として、能登に根付いた発酵食を学んで生活に活かし、能登の発酵食を観光資源として全国に発信する!
という講座になります。

130730_01

会場は、能登食祭市場の新モントレーホール。
改装したばかりのホールです。
ピアノも置いてあったり…ミニコンサートに、セミナーにと活用できる場所です。
第1回目は、糀料理研究家の小紺有花さんを講師に、「糀調味料の仕込と活用法」を講演。
会場には35名の受講生が集まりました。

130730_02

「糀とは」「糀・発酵食のちから」を小紺さん、熱く語りました!

130730_05

塩糀や醤油糀の作り方、その活用として、「塩糀の白和え」「醤油糀のきのこ炊き込みご飯」をデモンストレーション。

130730_06

その味わいに「うん、美味しい!」「余計な調味料が入っていないのに、うまい!」との声!
こうしたお料理に、能登の食材を加えたいですね。
海の幸、山の幸…。
糀がそれらの良さを引きだしてくれそう。

130730_03

130730_04

受講生の半数以上は塩糀を料理に使ったり、作っていたりしていましたので、最後は受講生の糀調味料についての質問大会です。

130730_07

次回は8月6日(火)予定。ヤマト醤油味噌の山本晴一社長の講演です。
※応募は既に締め切っております。七尾市地域雇用創出協議会にお問い合わせください。

糀
協賛企業

金沢

京都

名古屋