甘酒+豆乳ヨーグルトの実験

Pocket

こんにちは、スタッフのシオタです。

ゆる発酵食のお楽しみのひとつは、自分のペースで楽しめること。 私の場合、毎朝食べるヨーグルトを週2回仕込みます。 ヨーグルトメーカーで簡単に作れちゃうので、時には実験もやってみます(^^)v 定番は、 有機豆乳+カスピ海ヨーグルトで35度10時間発酵。ですが、 先日、某乳業メーカーの方から、 「甘酒を入れるともっと早く美味しくできる」との情報が(^^♪ 

それでは、ということで、さっそく五穀米で甘酒を仕込み、

IMG_2593

↑五穀米。これもヨーグルトメーカー使用

五穀米甘酒豆乳ヨーグルトを作ってみました!

最初は、有機豆乳1000ml・五穀米甘酒とカスピ海ヨーグルト各100gにてお試し。
前出の方から「甘酒を使うと早く固まるよ」とお聞きしたので、35度・6時間で醸してみました。

IMG_7138

出来上がりはコレ↓最初はこんなふうにゆるい生クリーム状でした。

味はほのかに甘みがあって、美味しい\(^o^)/
そして冷蔵していると、もったりとヨーグルトらしく変化し口当たりもどんどんよくなっていきました。
2回めは、有機豆乳900ml・五穀米甘酒とカスピ海ヨーグルト各100g
35度・8時間で作ってみました。
これは最初からもったり感があったのですが、味はお米風味が強く感じられて、
私的にはNGでした^^;
そして3回めは・・・
有機豆乳900ml・五穀米甘酒50gとカスピ海ヨーグルト各100g
35度・7時間で醸してみました。

これは、ゆるさも甘みも中途半端な印象。

結局、実験で最初のレシピが好み!との結論に達しました。
でも、同じレシピで作っても冷蔵環境などでまた違ってくるのかも。
今週は最初のレシピで作ってみて、味を再確認してみます(^^)v

と、こんな風に気軽に実験もできちゃうが手作り発酵食の醍醐味。
みなさんも発酵実験楽しんでみてはいかが?

※実験の相棒にはやっぱりヨーグルトメーカーが便利です(^^♪

 

糀
協賛企業

金沢

京都