ストック食材・番外編

Pocket

こんにちは。
ファイターズ命マキです。
今回も発酵調味料でストック食材・・・名付けて「肉貯金」をご紹介しようと思っていたのですが、先日知人からいただいた↓

ドンドンドン!とカボチャが3つ。
形が悪かったり色が悪くて市場に出ない、いわゆるハネ品をいただきました。
形や色が悪くてもとても美味しいカボチャですが、さすがに3つは多いな・・・。
しかも、なるべく早く食べないと傷んでしまうと聞いたのでどうしようか考えて、とりあえずひたすら切りました。
スライスとブロックにして袋に入れて冷凍保存。

このようにして、カボチャをストックして活用してみました!

このストックカボチャが予想以上に便利。
オリーブオイルで炒めて塩コショウするだけでも立派な一品に。お弁当の隙間埋めにもオススメ。

子どもたちに大好評なのが「カボチャのチーズ焼き」♪

<作り方>
(1)耐熱皿にスライスしたカボチャを入れてオリーブオイルと塩糀を絡める
(2)上からチーズとブラックペッパーとオールスパイスなどのスパイスをかけて魚焼きグリルで焼く

簡単2ステップ料理!

カボチャは塩糀と相性がとても良く、塩糀がカボチャ本来の甘味をグンと引き出してくれます♪
ブロック状にしたカボチャはラタトゥイユやポタージュなどで活用できます。

ラタトゥイユを少しご紹介。

<作り方>
(1)フライパンで鶏肉を焼いて、焦げ目がついたら余分な脂をペーパーで拭き取ってタマネギを入れる
(2)タマネギが透明になったらカボチャと冷蔵庫にある野菜を切ってフライパンにどんどん入れていく
(3)野菜に火が通ったら、最後に塩糀と角切りトマトもしくは無塩タイプのトマトジュースを入れて水分を飛ばせば出来上がり♪

カボチャの甘さがあるので、砂糖などいれなくてもOK!

茹でたパスタにかけて食べてもいいですし、保存容器に入れて作り置きおかずとして野菜が足りない時の一品として出すのもいいですよ!

ナスやズッキーニを入れたかったけれど、この時はなかったのでピーマンとキノコで代用しました。
味付けが塩糀だけで美味しく仕上がる簡単料理です。
カボチャが余っている時に作ってみてくださいね♪

 

 発酵食大学・武蔵小杉認定校・京都認定校
2019年開催日程決定!!
詳しくはコチラ
↓↓↓↓↓↓
発酵食大学
発酵食大学 武蔵小杉認定校(2019年4月~)
発酵食大学 京都認定校

多くの方が発酵食大学で学んでいます!

お客様の満足度メールマガジン登録通信部