いざ碧南へ!みりん蔵見学旅日記♪

Pocket

こんにちは!
スタッフのジュンです。

まだ温かいとはいえ冬の足音が聞こえる季節となってまいりました。

実は先月から名古屋校では【蔵見学】ラッシュなんです♪

10月には愛知県・碧南で約創業100年の角谷文治郎商店さんにお伺いしました!

降り立った名鉄碧南駅。ここから徒歩20分のところに角谷文治郎商店さんの醸造蔵があります。
てくてく歩く街並みは海からの気持ちのいい風が吹き、なんとものどかな風景です。

到着すると笑顔の素敵な3代目の角谷社長と治子さんがお迎えしてくださいました!
角谷社長は発酵食全般のしくみについてお話してくださるので、みりんだけでなく、日本酒や味噌、しょうゆなど全ての発酵食への理解が深まる素晴らしい講座です。
そしてみりんがなぜもち米を使っているのか、なぜ焼酎をつかうのかも非常にわかりやすく教えていただけました。
こういったお話を耳にするのは初めて!という受講生さんもいらっしゃいました。

角谷さん特製の甘酒、そしてみりんのもろみ、本みりん2種を試飲タイム!

美味しすぎる・・・
本物に触れると本当に感動しますね!!
今日は車を運転しないので心置きなく味わえます♪
蔵見学でももち米と焼酎がタンクいっぱいに仕込まれている様子を拝見させてもらいました。

本日のランチは 「ミシュランガイド愛知・岐阜・三重2019特別版」にも掲載された小判天さんの特製お弁当!
こちらは普段からも角谷文治郎商店さんのみりんを使用されており、本日のお弁当にも使っていただいています( *´艸`)
さらに食前酒に三州梅酒が♪

 

お米の美味しさをいかに引き出すかに情熱を注ぎ、自然への愛情も深いそんな角谷社長の熱い想いに心打たれる一日となりました♪
ぜひまたお邪魔したいです♪
次回は豆味噌蔵見学篇へ!!

糀
協賛企業

金沢

京都

名古屋