発酵食を毎日の暮らしに活かす
実践的な知恵と方法を学ぶ
多彩な蔵見学も魅力!

発酵食の効用や基本の発酵調味料の作り方を知る「座学」、活用する方法が身につく「調理実習」、石川に息づく発酵食文化に出会う「蔵元見学」からなるプログラム。蔵見学では、通常は入ることのできない発酵食のものづくりの現場を間近に見学。「味噌作り」「糀漬け」など、プロの指導による発酵食づくり体験もできます。 さらに、6か月間の学びを通じて、学生同士のきずなや連帯感が生まれ、回を重ねるごとに楽しくなっていくのが本コースの特長。卒業後も学びを深める「発酵食の輪」が広がります。

発酵食を通学して学びたい方
自分や家族を健康にしたい方
時短で美味しい料理を作りたい方
発酵食の蔵見学をしたり、作り手を知りたい方
発酵食を通じて仲間とつながりたい方

発酵食を
身につける
発酵食
ランチ付き
発酵食
エキスパート
2級
多彩な
蔵見学
通信部
コンテンツ
見放題!

開催概要

【18期】2022年7月~12月
7月8日(金) 発酵と糀の基礎知識
7月22日(金) 甘酒の基礎知識と活用
8月5日(金) 酢の基礎知識と活用
8月19日(金) 旬の野菜の糀漬け体験
9月2日(金) 日本の農業とお米について
9月16日(金) 醤油・しょうゆ糀・いしるの基礎知識と活用
10月7日(金) ヨーグルトの基礎知識と活用
10月21日(金) 味噌の基礎知識・味噌づくり
11月4日(金) 日本酒の基礎知識と酒かすの活用・酒蔵見学
11月18日(金) 納豆の基礎知識と活用
12月9日(金) 卒業式

10時30分~13時30分頃
(蔵見学・体験の場合は時間が変更になります)

定員

24名(先着順)

受講料

72,600円(税込)
※お支払いはクレジットカード払いになります。

注意事項

・発酵食大学の 学則 をご確認いただき、同意のもとお申込みください。

カリキュラム

講義&調理実習(昼食付)
発酵と糀の基礎知識
発酵食大学講師
食育会館スタジオDO

発酵とは/発酵食を生む微生物の種類/発酵食を生む微生物の役割/麹の種類/麹の酵素/麹の酵素の作用/酵素の調理効果/発酵食を食べるメリット/もろみごと食べよう/石川県の発酵食/塩糀仕込み

講義&調理実習(昼食付)
甘酒の基礎知識と活用
発酵食大学講師
食育会館スタジオDO

甘酒の歴史/甘酒の栄養成分/甘酒の食べ方/甘酒の楽しみ方/実験してみよう/甘酒仕込み【炊飯器編】/甘酒仕込み【ヨーグルティア編】/甘酒仕込みのポイント

講義&調理実習(昼食付)
ヨーグルトの基礎知識
と活用
堀初弘・下村比呂美(ホリ乳業
食育会館スタジオDO

ヨーグルトとは/世界の代表的な醗酵乳/ヨーグルトの定義/ヨーグルトの種類/ヨーグルトの製造工程/ヨーグルト・乳酸菌の発酵メカニズム/乳酸菌の分類・形状/ヨーグルトの成分と栄養/ヨーグルトに期待する効果/プロバイオティクスとは

講義&調理実習(昼食付)
醤油・しょうゆ糀
・いしるの基礎知識
と活用
発酵食大学講師
食育会館スタジオDO

醤油の歴史/醤油の種類/醤油の製造工程/醤油の種類/醤油の栄養成分/醤油の調理効果/しょうゆ糀仕込み/いしる

講義&調理実習(昼食付)
納豆の基礎知識と活用
吉田圭吾(金城納豆食品
・発酵食大学講師
食育会館スタジオDO

納豆の歴史/納豆の種類/納豆の栄養成分/脅威の納豆パワー/納豆の特徴/納豆の食べ方

講義&調理実習(昼食付)
酢の基礎知識と活用
高野博之(高野酢造
・発酵食大学講師
食育会館スタジオDO

酢の歴史/酢の成り立ち/酢の製造工程/酢の種類/特色のある酢/酢の栄養成分

見学&体験(昼食付)
味噌の基礎知識
・味噌づくり
山本 晴一(ヤマト醤油味噌
ヤマト醤油味噌

味噌の歴史/味噌の種類/味噌の製造工程/味噌の栄養成分/味噌の効用/味噌作り ※仕込んだ味噌のお持ち帰り&発酵美人ランチ付

見学&体験(昼食付)
日本酒の基礎知識
と酒粕の活用・酒蔵見学
松井 圭三(福光屋
福光屋

日本酒の歴史/日本酒の製造工程と酒造好適米/特定名称酒の分類/酒かすの種類/酒かすの栄養と効用り ※酒粕を使った特別まかないランチ付き

見学&体験(昼食付)
日本の農業とお米の勉強
軽部 英俊(六星
六星

日本の農業の現状と課題/お米について/田植えまたは稲刈り ※美味しいおむすび付

見学&体験
旬の野菜の糀漬け体験
四十万谷 正久(四十萬谷本舗
四十萬谷本舗・本店

発酵の話/糀漬け体験/発酵の歴史 ※糀漬けのお持ち帰り&各種漬け物試食付

卒業式

卒業制作として受講生が発酵食を活用したメニューを披露。詳細は未定です。

受講生の声

 

教室に通うたびに糀や発酵の魅力に引き込まれ、気がつけば自分の食の世界がガラリと変わっていました。砂糖や塩を一切使わずに滋味深い料理が作れるなんて驚きでした。成長期の子どもの味覚を育てるためにも、この学びを役立てていきます。 (荒木 佐保里さん)

 

野菜好きがこうじて野菜ソムリエの資格を取得。「発酵を学べばもっと野菜をおいしく食べられるのでは」と発酵食大学に参加しました。調理実習で学ぶ料理には野菜がたっぷりと使われていて、糀はその味をまろやかにまとめてしまいます。優しいのにコクのある味わいは期待以上でした。塩味わいから健康や美容効果まで奥深い発酵食をこれからもっと極めていきたいです。 (吉田 亜紀さん)

 

発酵食大学には、ライフワークの無農薬農業を通じての友人に誘われて参加しました。気軽な気持ちだったにもかかわらず、発酵食の調理実習や蔵元見学に何度も足を運ぶうち、すっかり虜に。蔵元で「ものづくりのプロ」から直接お話しが聞けたこと、食への意識が高い仲間たちと出会えたことは何よりの収穫でした。卒業後も大学の友人たちと食事会を開くなど、楽しく発酵食の情報交換をしています。 (小林 延博さん)

将来大学院に
行きたい方へ

金沢本校、京都校に通うことができない!そんなあなたのミカタ、ネットで学ぶ「通信部」があります! 大学と同等のカリキュラムをインターネットで学ぶことが可能!発酵食エキスパート3級を取得できます。将来大学院の受講を検討されている方は、通信部を受講されることをお勧めします!