トマト塩糀のカンタン活用術

Pocket

こんにちは。
ファイターズ命マキです。
梅雨入りし、プロ野球はセパ交流戦の真っ只中です。
これからの季節、トマトがとても美味しくなりますよね!
そんなトマトですが、先日「トマト塩糀」を仕込んでみましたよ!
これがなかなかのスグレモノなのでご紹介します♪

トマト塩糀って何?

トマト塩糀とは、塩糀を仕込む水の代わりにトマトジュースまたはトマトピューレを使用した発酵調味料。

トマト塩糀には、
・トマトの旨味成分であるグルタミン酸
と、
・糀によって食品中のデンプンやタンパク質を糖やアミノ酸に分解して旨味を増す効果
があり、

その2つによる旨味の相乗効果が期待できます。
まさに旨味と旨味タッグといえるのです♪

トマト塩糀の仕込み方

◆材料
糀(生または乾燥)  200g
塩          60g(乾燥糀の場合は68g)
トマトジュース(無塩)200cc(乾燥糀の場合は260g)

◆作り方
基本的に塩糀と同じ

材料を清潔な容器に入れ、よく混ぜる。

フタをして常温保存。

1~2日1回、清潔なスプーンでかき混ぜる。
常温で夏なら2週間、冬なら1ヶ月で出来上がり。
ヨーグルトメーカーなら、55℃で10時間セットする。

トマト塩糀の活用法

トマトの栄養成分は加熱しても壊れにくいので、もちろん生のままでも美味しくいただけますが、加熱調理にとっても向いています。
トマト塩糀もいろいろなお料理に使ってみましょう♪

トマト塩糀でチキンライス

◆材料
お米                 2合
トマト塩糀(炊飯用)         大さじ2
鶏肉(ももでも胸でもok)        100gくらい
お好みの野菜(タマネギやニンジンなど)適量
トマト塩糀(具材の味付け用)     大さじ1/2
ブラックペッパー           適宜

 
◆作り方
1.米をといで浸水する
2.肉と野菜をサッと炒めて、粗熱をとる
3.炊飯器に米とトマト塩糀を入れ混ぜ、水分量をメモリに合わせる
4.粗熱を取った具材を米の上にのせ、炊飯する

卵で巻いてオムライスにしたり、ホワイトソースをかけてドリアにして召し上がれ♪ 

トマト塩糀でタコライス

◆材料
<タコミート>
合いびき肉        300g
タマネギ(みじん切り)  小1個
えのき(みじん切り)   100g
ニンニク(みじん切り)  1片
トマト塩糀        大さじ3
甘酒           大さじ1
ウスターソース      大さじ1
カレー粉         大さじ1
塩コショウ        少々
お好みのスパイス     あれば少々

ご飯           2~3合
卵            人数分
オリーブオイル      大さじ1
塩コショウ        適宜

<トッピング>
レタス(千切り)     1/4~1/2個
チーズ          ふたつかみ
アボカドやトマト(角切り)好みで適宜
  
 

◆作り方
1.フライパンでタコミートの材料を炒める
2.ホットプレートにオリーブオイルを熱しご飯を人数分炒め塩コショウで味付けし、スペースを空けて卵を落とし目玉焼きを作る
3.2の上にタコミート、レタス、トマトやアボカドなどの野菜をのせる
4.仕上げにチーズをのせフタをして、チーズが溶けたら出来上がり

他にも、野菜スープの味付けに使用したりいろいろなお料理に活用できそうです!
試してみてはいかがでしょうか?

発酵調味料を使うと簡単・時短料理ができちゃいます!
忙しいアナタにこそ使っていただきたい発酵調味料。
作り方や活用法について、スキマ時間に学んでみませんか?

発酵食大学通信部

手軽にスマホで講義を受けることができますよ♪

糀
協賛企業

金沢

京都

名古屋