エリンギのぬか漬けは生で食べられる?!【武蔵小杉8期】

Pocket

こんにちは。武蔵小杉校 講師の堀です。
今日の発酵食大学 武蔵小杉校の講座テーマは「ぬか漬け」。
盛り上がった8期のクラスも、カリキュラムは本日が最後となりました。

漬物全般にテーマを広げてお話しさせていただきました。

日本の伝統的な発酵食のひとつである漬物。
最近は、食卓であまり見られなくなってきています。
でも、実は漬物は本来の保存食以外にも、メリットがたくさんあるんですよ。

塩分ばかりがクローズアップされていますが、漬物にすることで、本来の野菜よりも栄養価がアップすることもたくさん!
ぬか漬けの風味や栄養、微生物との関わりについてもお話しさせていただきました。

 

また、ぬか漬けのお手入れ方法、トラブル時の対処方法などもお伝え。
ぬか漬けは上手に付き合うことで、面倒だと思っていたこともなくなり、愛着もわくようになります。
そんな日々の付き合い方のコツもお話しさせていただきました。

ワークショップでは、ザワークラウトとしば漬けを作ります。

市販の漬物は発酵していないものも多く、本来の発酵したものの美味しさ、乳酸菌によって発酵させた漬物を手軽に作ることを体験してただきます。

そして、こちらが好評だったエリンギのぬか漬け。↓

普通キノコは加熱しないと食べられないものが多いですが、エリンギのぬか漬けは生でそのまま漬けてOK!
食べやすい大きさにカットしたエリンギを、ぬか床に2~3時間漬けるだけで完成です。

食べるときは、ぬかはお好みで取っても良いですし、ぬか自体も美味しいのでそのまままでも。
エリンギの香りと発酵独特の風味がベストマッチ。
生ならではの歯ごたえがたまりません。
きのこのうま味がより際立っているような感じです。
漬けたエリンギを、ソテーなどしてアレンジしても美味しいんですよ。
やみつきになります!おすすめですよ♪

さて、次回はいよいよラスト。卒業パーティー!
みなさんがこれまで学んできたことの集大成が発表されます。
どんな美味しいものが食べられるかな!?
楽しみです♪

 

いつでもどこでも人気の講座を動画で見られる!


通信部

糀
協賛企業

金沢

京都

名古屋