お味噌汁がワンランクアップする超カンタン裏技

Pocket

こんにちは!おっさん働き女子ユリヤンです。

発酵食大学大学院の卒業生で沖縄で糀料理教室を主宰する上江洲さんから、沖縄のシークワーサーをいただきました!!!

初めてみたシークワーサー(^O^)思っていたより小粒なんですね~。
さて、どうやって食べればいいのかいろいろと調べてみましたが、やはり果汁をいただこうと
酢の物やドレッシング、南蛮漬けのお酢代わりに使ってみました。
めっちゃ、ジューシーです!!
絞るとこれでもか~と果汁が絞れます。本当にさわやかで美味しくて南国の味を冬に味わいました!

シークワーサーとゆず

冬といえば、一般的にはゆずですよね。
ゆずがちょっと入るだけで本当に格が上がりますね。
沖縄のシークワーサーとともに、ゆずもあったので使った後、お味噌の袋に突っ込みます!

なんちゃってゆず味噌

我が家のなんちゃって「ゆず味噌」完成(^O^)

これ、馬鹿にしちゃいけませんよ!本当に入れるだけでお味噌が格段にゆずの風味で高級になります!!
そのまま、ゆずをよけてお味噌汁にお味噌を入れるだけでほんわかゆずの香りの味噌汁完成!

我が家はもう1か月ほど味噌の中にゆずが入りっぱなし!
忙しい主婦こそ、手抜きしながらゆずアロマに癒されて美味しい料理を作ってくださいね♪

【全員にレシピ本をプレゼント中!通信部で学ぼう!】
<期間限定2017年2月末まで>

今通信部の「ふろく付きコース」に申し込むと、3月からふろくのお届けがスタート。3月のふろくは「こだわり納豆セット」です!

★セットの中には、能登上空3000mで見つかった納豆菌で作られた貴重な納豆「そらなっとう」も。石川にしかない面白納豆です(^o^)

★発酵食大学通信部は、勉強だけでなく発酵食も毎月お届けして、楽しんでいただいています♪

★レシピ本は、通信部の速習コースお申込みの方にも、もれなくプレゼント!

お申込みはこちらから

多くの方が発酵食大学で学んでいます!

通信部お客様の満足度メールマガジン登録

糀
協賛企業

金沢

京都

名古屋