ダイエットに!美容に!レモン酢はいかが?

Pocket

こんにちは。ファイターズ命マキです。
冷蔵庫をみると野菜室にレモンがごろりと転がっていました。

ドレッシングにしてもいいけれど、せっかくなら何か体や美容に良さそうなものを作りたいなと思い、酢に漬け込んで「レモン酢」を仕込むことにしました。

これまで、健康志向の雑誌やテレビなどで「タマネギ酢」や「酢大豆」など目にしたことがあり、確かなものだろうと出来上がりを待っている間効能などを調べてみました。

期待できるレモン酢の効果

抗酸化作用

レモンに含まれるビタミンCには抗酸化作用があり、活性酸素のはたらきを抑えてくれます。
活性酸素は老化や免疫機能の低下の原因と言われていて、レモンに含まれるビタミンCの抗酸化作用は美容に健康にとっても役に立つのです。

血圧の低下

毎日大さじ1杯のお酢を摂ることで高めの血圧を下げる作用があるのだそう。
血流もよくなります。

デトックス

レモンやお酢が酸っぱいのは、クエン酸という酸味成分が含まれているため。
このクエン酸には、体内に溜まった有害物質の分解・排出を促す作用があります。
デトックスとむくみ対策にもなるのです。

内臓脂肪の減少

お酢を日常的に摂取することで、内臓脂肪の減少に役立つそう。
そのほかに体重を減らす、血液中の中性脂肪を減らすなどのメリットなんかも。
お酢ってダイエットにも役立つのね。

ミネラルの吸収を促進する効果

現代人に不足しがちなカルシウムなどのミネラルは、単体では吸収されにくいものであるといわれています。
しかーし!クエン酸にはミネラルの吸収を助ける働きがあるのです。
骨粗しょう症予防にも一役買ってくれるのです。

レモン酢を仕込んでみよう!

<材料>

  • レモン       1個(100gくらい?)
  • 純米酢       50ml
  • メープルシロップ  大さじ1

<作り方>

  1. レモンをものすごくよく洗い、ペーパーで水気を取る。
  2. レモンを5mmくらいのイチョウ切りにする。種を取り除く。
  3. 熱湯で消毒したとっても清潔な瓶に2と純米酢、メープルシロップを入れて全体に行き渡るよう瓶をゆらす。
  4. 一晩冷蔵庫で寝かせて完成。

※レモンは国産のものがオススメ!皮に不安を感じる方は薄くむいてもOK!
※レモン酢は長持ちするとは思いますが、冷蔵庫で保存して2週間程度で使い切ることをオススメします。

私はマリネなどの料理に使用したかったので、甘さ控えめに作っています。
レモネードや炭酸割りにしたい方は、メープルシロップの量を増やしてください。はちみつでもOK♪

ドリンクとして使用する場合は、酸が強いので胃を守るため空腹時は避けた方がよいです。

これで何作ろうかな。
料理紹介はまた次回!

大好評!通信部ライブ講座
9月のスケジュールはコチラをご覧ください。

いつでもどこでも人気の講座を動画で見られる!


通信部

糀
協賛企業

金沢

京都

名古屋