【4】とっても簡単!やってみよう酒粕パック

Pocket

●ペースト状にして塗るだけ

美白効果があるとされるアルブミンや遊離リノール酸、コウジ酸、抗酸化作用があるフェルラ酸を含み、美容パックとしても使える酒粕。でも、一般的な化粧品とは違ってややハードルが高い、と感じている人、意外に多いのではないでしょうか?

いえいえ、そんなことはありません。とっても簡単です。しかもやってみると、かなりの確率で「しっとり」「ふっくら」「美白」といったお肌の変化が実感いただけると思います。

ではここで、すぐにできる酒粕パック法をご紹介しますね。

<酒粕パックの作り方>
1.細かくちぎった酒粕(板粕)100gに水50mlを入れ、電子レンジで40秒加熱。
2.フォークなどでつぶしてペースト状にする。よりなめらかにしたければ、すり鉢などでつぶす。ぬるま湯で好みの固さに調整してもOK。

まず初回は手の甲で試してみましょう。

<酒粕パックのやり方>

1.手の甲にペーストを塗り、上からラップで包みます。

pack2

2.約10~15分後に洗い流して完了。

ここでBefore・Afterを比べてみましょう。

Before

pack1

After

pack4
毛穴のキメが整ってしっとりします。色も白く明るい肌に!

*お肌の弱い方は、さらに腕の内側でもパッチテストを行ってみてください。
*パッチテストや手のパックで大丈夫ならば、お顔のパックもどうぞ。

●自分好みにアレンジできる

酒粕パックに使う酒粕はできれば、添加物の少ない純米酒から作る酒粕がよいでしょう。また、もともとペースト状になった酒粕ならば、そのままパックできるのでとっても便利です。肌への感触もなめらかなので、冷蔵庫に常備して、化粧品感覚で使えます。初めての方は、まず市販のペースト状の酒粕を買ってトライしてはいかがでしょう。

合うと感じたら、好みの量や固さに調節したり、ハチミツやヨーグルトなどをブレンドしてみてもよいでしょう(*ブレンドする場合は必ずパッチテストを行ってください)。

酒粕はパック以外に、酒粕風呂にも使えます。使い方は、約300gの酒粕を布袋やお茶パックに入れて浴槽に浮かべ、湯の中でもみほぐして溶かし出すだけ。酒かすを入れた布袋やお茶パックをお肌にやさしくすりこんでもOKです。湯上がりのお肌がしっとりすべすべになりますよ。

酒粕風呂だと酒粕の固形物が気になるという人は、日本酒を入れる酒風呂がおすすめ。浴槽にコップ1~2杯の日本酒を入れば即、酒風呂になります。日本酒には保湿・老廃物排出・新陳代謝促進の効果があるので、湯上がりはしっとりポカポカに。ちょっと余ったお酒があったら、一度試してみてくださいね。

酒粕や日本酒は食品だけでなく、美容アイテムとしても使える発酵食。
食べて、塗って、上手に活用して、体の内外からキレイを磨きましょう。

Twitter-800x320

発酵食大学の酒粕レシピはこちら

石川・金沢の旬の食だよりと発酵食大学の最新情報をお届け!メルマガ登録はこちら

多くの方が発酵食大学で学んでいます!

お客様の満足度子育てママの声通信部