【3】安全安心な天然美容ドリンク、甘酒でお肌がピカピカに!

Pocket

●健康ドリンクの元祖、甘酒

江戸時代、体力回復の強い味方だった甘酒。クーラーもなく暑さで弱ってしまう人々を助けたのが、甘酒の豊富な栄養だったんです。米と米麹から作られる甘酒には、発酵の過程で作られるブドウ糖、必須アミノ酸、ビタミンB群がたっぷり! バランスよい栄養価で、今も飲む点滴と呼ばれているほどのスグレモノです。

150928r

その内容をみてみると・・・脳の唯一の栄養源となるブドウ糖をはじめ、細胞やホルモンを作る必須アミノ酸、お肌や髪を美しく保つビタミンB群が豊富。食物繊維やオリゴ糖、植物性乳酸菌など腸内環境によい成分も多いので、便秘が解消され、肌アレや体調不良の改善にも役に立ってくれます。そして注目は美肌成分☆ シミやくすみを防ぐコウジ酸や、お肌の保湿に欠かせないコラーゲンの生成を助けるパントテン酸なども含んでおり、まさに総合美容ドリンクといえるのが、甘酒なんです。

そうはいっても江戸時代とは違い、現代はドラッグストアの店頭に栄養・美容ドリンクがズラリ。「別に甘酒じゃなくても、いろいろあるし…」と思う人も多いかもしれません。でもそうしたドリンクと甘酒、特に手作りの甘酒には決定的な違いがあります。甘酒の自然な甘みはお米由来のブドウ糖のみ。ドリンク類特有の強い甘み・香りはなく、とっても飲みやすい点です。

●美容と健康のキーワードは「続けること」

「飲みやすいことがなぜ重要か」というと・・・一時的に元気を回復することが目的ならば、ドラッグストアに並ぶ商品で問題はありません。でも、ずっと健康的にきれいでいることを願うならば、続けることが最も重要なキーワードになってきます。お肌の正常なターンオーバーサイクル、腸内環境の良好なバランスを保つためには、それをサポートする食品を摂り続けることが大切なんです。

そう考えた時、添加物の心配があったり、甘みが強すぎる甘味料は「続けられるかしら」との不安があるのでは? 好奇心で飲んでみたものの、続かなかったという人の話もよく耳にします。高価な商品が多いのもその一因かもしれませんね。

甘酒はというと、優しい味わいでドリンクとして楽しめるだけでなく、砂糖代わりに料理やスイーツにも使え、その用途はさまざま。毎日続けるにはぴったりの美容&健康食品です。しかも手作りすれば素材も選べて安全安心、自分の好みの味わいに仕上げられ、毎日快適な甘酒ライフを満喫できます。「美味しく」「健康に」「美しく」。江戸時代に親しまれた甘酒は、現代に再びよみがえり、私達の生活を豊かなものにしてくれます。まだ手作り甘酒を試していない人は、ぜひ挑戦してみてくださいね!

発酵食大学の「ヨーグルトメーカーで作る甘酒」の作り方はこちら

石川・金沢の旬の食だよりと発酵食大学の最新情報をお届け!メルマガ登録はこちら

発酵食レシピをメールでお届け!


糀
協賛企業

金沢

京都