冬の腸冷えにホッと発酵食♪

Pocket

こんにちは、元便秘女子のヨーコです!

何を隠そう、私は大の冷え性。
冬場は手足が痛いほど冷えて眠れなくなる夜もあるほどでした(泣)。
そしてなぜだかわからなかったのですが、
朝食を食べてしばらくすると、体の芯から冷えてトイレが近くなるのが、長年の悩みだったんです。

もしかしたら朝食に原因があるのかも。
いつも食べているバナナヨーグルトがどうも怪しそうです。
特にバナナは南国の果物なので体を冷やす作用があり、冬場は厳禁なのだとか。
でも元気ホルモン・セロトニンの元になるトリプトファンや、オリゴ糖も摂れるので、
冬も食べたいんですよねー。

そんな時、耳にしたのがホットヨーグルト。
冷たくして食べるのが当たり前だと思っていたヨーグルトを、
温めてもよいなんて・・・
しかも人肌に温めると、オリゴ糖が増えるという情報もあるんです。

こればやってみない手はありません。
やり方は簡単。ヨーグルト100gにバナナ半本を加えて、
500Wのレンジで40~50秒温めるだけ。
私は常食している豆乳ヨーグルトにオリゴ糖ときなこ、ゴマを加えてチン!

ホットヨーグルト

うん、あったかくて美味しい♪ お腹がポカポカしてきます。
バナナの甘みもより増すような気がします。

なにより、こうして食べるようになってから、
必ずだった朝食後の体の冷えがなくなりました。
もちろん便秘知らずです♪

便秘は腸の冷えも一因といわれます。
冬になると便秘になる、という方は腸が冷えているのかも。
毎朝食べているヨーグルトを温めるだけで解消するかもしれませんよ。

ついでにいうと、みかんもホットにすると甘みが増します。
風邪が流行るこの時期、ビタミンC補給ができるホットみかんも試してみてくださいね。

発酵食大学の募集状況がわかる!メルマガ登録はこちら

発酵食の食材が毎月届くお楽しみな通信部。こちらも要チェック!

 

糀
協賛企業

金沢

京都

名古屋