ご卒業おめでとうございます!【京都校8期】

こんにちは。京都校の川崎です。

たくさんの受講生の皆様にお越しいただいた8期も卒業式を迎えました。
まだまだ収まらないコロナ禍の中、遠方からも通っていただき対面で完走できたことに心より感謝申し上げます。
しかしながら卒業パーティーは自粛ということで、今回もレシピブックを作っていただきメニューに込めた思いと発酵食大学へ通っていただいた感想を語っていただきました。
レシピブックはこれまでにない厚さで見応え十分、お写真も綺麗で販売されていてもおかしくないくらいです。

皆様からのお言葉は「嬉しい」以外の言葉では表すことのできない、宝物のような贈り物でした。
ご家庭に少しづつ発酵食品が増え、ご自分にそしてご家族に嬉しい変化があったり、お料理する機会が増えたりと発酵を通して豊かな時間を重ねてこられたことを聞くと私たちも同じくとても幸せな気持ちになります。
これからもご縁をつないでお友達にご家族にもちろんお仕事に生かしていただければ幸いです。

京都校のものしり博士菱六さん、藤原食品さん、村山造酢さんが卒業式へ駆けつけてくださいました。
みなさまからのお言葉もあたたかくて京都校をみんなで作り上げてきた感がとても嬉しかったのです。

受講生のみなさんのレシピを評価するというイベントもあり、それぞれの蔵元さんより賞をいただく場面も。

そんな発酵食大学京都校も丸4年を終えました。
準備期間からいうとひと歴史出来たような気分です(笑)
私たちも同じことを繰り返しているわけではなく、微調整と大規模修正を繰り返しつつ歩んでまいりました。
少しづつでも成長できていますように。
これからも全力でよりよい講義をお届けしたい気持ちに変わりなく来期からもどうぞよろしくお願いいたします。
よいお年を。
ありがとうございました。