【大学院】Newカリキュラム&受講生レビューのご紹介

大学院のカリキュラムがリニューアルいたしました!
より充実した内容にするために2単位増設!

今期は価格据え置きにて開講いたします!!

Newカリキュラム

微生物の基礎知識(石川県立大学 小栁喬准教授)

  • 微生物の特性
  • 菌種の特性
  • 発酵と腐敗
  • 発酵と呼吸

について学びます。
発酵にとどまらず、まずは「微生物」という観点から発酵に関わる菌を見てみましょう。
そうすることで発酵というしくみがよりクリアーに理解できるようになります。
微生物の性質を知ってこそ発酵食を正しく再現性よく作ることができるのです。

栄養学~発酵食品の栄養(石川県立大学 榎本俊樹教授)

栄養学を基礎にして発酵食品の持つ栄養について学んでいきます。
発酵食品を摂取することで生まれるメリットや注意点など様々な側面から発酵食品を考えていきます。

●22期(4~6月)カリキュラムはこちら

前期(20期)受講者レビュー

  • 小栁先生の気さくなお人柄とわかりやすい説明が良かったです。
  • 分かりやすく、何でも心良く対応して頂き感謝です!
  • とても詳しく話してくださり、わかりやすかったです。ただ、情報量があまりにも多くて、一日では整理しきれなかったように思えます。
  • 酵素の特性・役割についてあやふやな所がありましたが、今回の授業で理解出来ました。
  • 発酵について体系的に学べた。自分で本を読み込むよりもわかりやすい。研究データに基づく菌の働きがわかるので良かった。腑に落ちた。
  • 内容的には高度な内容も、先生のわかりやすい少し強烈な言い方で知識としてぐんぐん入ってきました。かなり興味深い講義と先生の人柄でした。
  • 大変興味深く、先生の研究内容を惜しみなくわかりやすく講義して頂き勉強になりました。今後、麹関係の食品加工を手掛けるつもりで勉強していますが、麹についてエビデンスが出たとのことで機能性表示食品としての商品を検討していきたいと思います。海外の論文の利用の仕方等大変役立ちます。
  • 腸内細菌の話から新型コロナウィルスに関する話題まで、多岐にわたる話題が楽しめました。先生の忌憚のないご意見や、研究者目線からの「発酵」についてもうかがうことができ、貴重な経験になりました。近畿大学の広報活動(マグロや早慶近のポスター)が凄すぎることを思い出しながら楽しく拝聴していました。
  • 資料が英語の表記が多かったので、日本語だともっと良かったです。
  • 元素記号が出てくると少し難しく感じてしまうのですが、先生の説明はとても分かりやすかったです。グラフで表された様々なデータがとても勉強になりました。TVやネット、世間のうわさなど信じている部分もありましたが、数字として見るととても説得力があり、正しく理解することが出来ました。
  • 自分では専門的に学んだことのない分野したので、大変勉強になりました。資料が多く、やや駆け足気味であったため、途中、理解が追い付かない場面もありました。これからゆっくり見直して勉強してみようと思います。また、正しい情報を入手・理解した上で、発信していくことが大切だと感じました。
  • 短い期間でしたが、想像していた何倍もの知識と感動を得ました。どの先生も私達の目線に合わせて授業をして下さり質問に答えていただき、とても感謝しています。この年でもこんなに集中して勉強する事が出来て、まだまだ私の人生何か出来る…なんて思える自信がつきました。
  • まだまだ勉強不足であることがわかり、これからも学びや経験を積んでいきたいと思いました。この先、自分がどのような形で「発酵食の役立つ情報」をアウトプットしていくのか、じっくりと取り組みたいです。また、勉強を続けながら、自分の中で醸されるのを待ちたい気持ちもあります。オンライン講座に関しては、かなりの充実感を得られましたが、時間が長くなり過ぎると、疲労してくる部分もあるかと思います。
  • アウトプットの機会をもう少しやりたかったです!今後も通信部の方でお世話になりたいと思います。
  • とても楽しく、勉強になりました。それぞれの講義が、専門的で、なかなか聞くことができないようなお話を沢山聞くことができました。今回はオンラインでの受講でしたが、不自由を感じることなく、毎回楽しく参加させていただきました。スタッフの皆様の細やかなお心遣いに感謝しております。ありがとうございました。
4月16日(土)開講!【大学院】オンラインコースわずか残席あり!

録画もあるから後で復習もOK!
オンラインでも受講が可能!ご自宅から資格取得できます!
受講生特典で通信部が既定の期間無料受講できます!

大学の教授陣から学ぶ機会は貴重です♪
まだまだ発酵を学びたい方!お急ぎくださいね!大学院の詳細はコチラから・・