発酵食の発信で美味しい&楽しいを共有できる幸せ●神戸明美さん

Pocket

発酵食エキスパート1級を取得し、現在活躍中の皆さんをご紹介します。

神戸 明美さん(かんべ あけみ)
神奈川県在住

受講のきっかけ

横浜市で、手作り石けんとハーブの教室をしています。自分で作った甘酒が、あまりにも美味しくて!
アレンジしたり、お料理に使ってみたり。石けん教室のレッスン後のお茶の時間にお出ししたりと自分なりに楽しんでいました。
そして、気に入って石けんレッスンに取り入れているのが、酒かす石けん。
酒かすを使った石けんって、どうしてこんなに良いのかしら?と酒かすもお料理にどんどん取り入れるようになったある日フェイスブックで発酵食大学武蔵小杉校を知ってから、いつか受講したいと思っていました。
が、日程が公開になるころには、自分の教室の日程が決まっていて、なかなか受講できず、
金沢の大学院だったら日程が合う!と、えいやっと手続きをしました。

受講で得たもの

金沢では、楽しく個性あふれる同期の皆さんとの授業がとても刺激的で、
大学院から1年以上経ってから、武蔵小杉の発酵食大学を受講するきっかけにもなりました。
美味しいって幸せだなぁ、それを人と共有できるって素晴らしいなぁとしみじみ思いました。
石けん教室後のお茶の時間や、ハーブのお料理と絡めて、発酵食を発信していく中で
お客様と、美味しいね、楽しいね、を共有できるのがとても楽しいです。
そして、大学で大学院で教えていただいた後、授業の中でそれぞれのレシピの発表があります。
同期の皆さんが発案されたレシピにとっても良いヒントや心意気があり、自分のレシピが増えました!

現在の活動、将来の夢

現在は、武蔵小杉校の堀先生に、私の教室で醤油仕込み教室を開催していただいたり
武蔵小杉校アシスタントの日置さんと一緒に甘酒教室を開催しました。
とっても本当に大好評です。今後のスケジュールでは、発酵食大学の同窓の室橋さんと
オリーブオイルと発酵食と石けんのコラボセミナーも11月に予定しています。
私が所属しているハンドメイド石けん協会のシンポジウムでは、堀先生に納豆についてレクチャー
していただきました。発酵でつながったご縁に感謝です!
現在は、石けん教室がほぼ100%の割合を占めています。
きっとこれからもこの割合は変わらなくて、石けん教室をしながら、「これ、美味しいんだ~簡単なんだ~」という発信の仕方だと思います。
でも、やってみたいなと思う事が・・・
これから家庭を持つご夫婦に、忙しくて時間がなくても、発酵食で簡単に手抜きで、
大雑把でテキトーで、でも美味しくてハッピーな食卓を提案したいなぁという夢があります。
日曜日に二人で仕込んで(ここ重要です)、一週間が美味しいレシピ提供、いつかしてみたいです。

HP:https://ameblo.jp/soap-soap-soap/

>>発酵食エキスパート一覧はこちら