発酵食エキスパート1級の声(上江洲一美さん)

Pocket

発酵食エキスパート1級を取得し、現在活躍中の皆さんをご紹介します。

上江洲一美さん(うえず かずみ)
沖縄県在住

受講のきっかけ

以前、沖縄県与那原町にて「古酒と琉球料理の店 風丹(ふうたん)」を10年間経営していました。その時に、お客様から「塩糀」「しょうゆ糀」「甘酒」をいただいたのです。初めて甘酒を口にし、「砂糖も入っていないのになぜこんなに甘くて美味しいの!」と驚きと感動に包まれました。心と身体が喜ぶ。身体の内側から元気になる! とはまさにこのこと。発酵や糀の世界にすっかり魅了され、本格的に1から学び、極めたい! と思ったのが、受講のきっかけです。

受講で得たもの

発酵食大学院では、石川県立大学の先生や小紺先生に、発酵のしくみや活用法などを専門的に学ぶことができました。最も感銘を受けたのは、日本古来から続く発酵文化の素晴らしさを再確認できたこと。
卒業後、この学びをどこまで活かせるか、自分自身のさらなるステップアップとして糀料理教室を開業。大学院で学び、発酵の知識を深めたことにより、自信を持って教えられています。また、「発酵食エキスパート1級」という資格が、生徒さんたちからの信頼にもつながっています。こで得た学びは、何にも代えがたい宝です。

現在の活動、将来の夢

沖縄県本部町で「もとぶ糀の里 工房みら」を運営しています。
事業内容:糀料理教室、糀料理ワークショップ、生米糀製造、発酵食加工販売(甘酒、塩糀、しょうゆ糀を中心に、発酵食品、自然食、健康食品、薬膳の惣菜など)。
将来の夢は、
・地元、本部町に甘酒を根付かせる。「甘酒で、本部町の人と町を益々元気に!」
・発酵を拡める。発酵で繋がる。
・さらなる夢は、島野菜や島のフルーツとコラボした甘酒が楽しめる『甘酒カフェ』。

琉球発酵食糀料理教室サイト:http://www.musu-b.com/sp/s-top.php?id=5878

Facebook「もとぶ糀の里 工房みら」:https://www.facebook.com/kouboumira/

Instagram:ユーザー名:amazake.85

>>発酵食エキスパート一覧はこちら

多くの方が発酵食大学で学んでいます!

お客様の満足度メールマガジン登録通信部