塩麹で青のりと油揚げの混ぜご飯

このレシピの作者発酵食大学

油揚げのカリカリ食感と青のりの風味が美味しい、大人も子どもも大好きなおにぎり。塩麹がご飯の甘みを引き立て、ゴマ油の香りが食欲そそるやみつきご飯です。冷めても美味しいですが、やっぱりほかほか炊きたてが一番。お家にある手軽な材料でできるのでお試しくださいね。お弁当や行楽にもぴったりです。

レシピについて

そのままお茶碗によそって食べてもいいですし、おにぎりにしても美味しいです。
油揚げはキッチンペーパーで表面の油を拭き取っておくと良いです。
塩麹は塩分濃度13%のものを使っています。塩加減はお好みで調整してください。

調理手順

  1. 洗って30分浸水した米を炊飯器の内釜に入れ、塩麹と目盛りの水を入れて炊飯する。
  2. 油揚げは細切りにし、カリカリになるまでフライパンで乾煎りする。
  3. 炊きあがったら、油揚げ、青海苔、ゴマ油を入れて混ぜ、味を見て薄ければ、塩(分量外・適量)加え整える。

材料  4人分

2合
塩麹 大さじ2
油揚げ 中2枚(80g)
青海苔 大さじ1
ゴマ油 小さじ2

発酵食大学オンラインショップ
通信部