塩麹で鶏むね肉のスパイシーソテー

このレシピの作者発酵食大学

鶏むね肉でもパサつかない。シンプルな調味料でできるしっとりジューシーな鶏のスパイシー焼き。塩麹に漬け込むことで柔らかく仕上がります。ニンニクとスパイスの香りが食欲そそり、ご飯が進む味付けです。前日に漬け込んでおくと、あとは焼くだけなので忙しい日にもさっと作れて便利です。もちろん鶏もも肉でも美味しくできますよ。

レシピについて

塩麹に漬けた鶏肉は焦げやすいので、焼く際は火加減に注意してください。
ポリ袋に漬け込んだ鶏肉は冷凍保存可能ですのでストックしておくと便利です。
塩麹は塩分濃度13%のものを使っています。塩加減はお好みで調整してください。
辛いのが苦手な方はカレー粉の量を半量に減らしてください。
塩麹の代わりに醤油麹や玉ねぎ麹でも美味しくできます。

調理手順

  1. 鶏肉は食べやすい大きさに切りポリ袋に入れる。
  2. 塩麹、カレー粉、ニンニクを加えもみ込み冷蔵庫で30分以上置く。
  3. フライパンに油をひき、鶏肉を並べ中火で両面火が通るまで焼く。
  4. 皿に盛り好みで黒コショウを振り、あればパセリのみじん切り(分量外・適量)を散らす。

材料  2〜3人分

鶏むね肉 1枚
塩麹 肉の10%
カレー粉 小さじ2
ニンニク(すりおろし) 小さじ1
大さじ1
黒コショウ 適量

発酵食大学オンラインショップ
通信部

前の記事

甘酒でナスの煮浸し