醤油麹の和風サラダチキン

このレシピの作者発酵食大学

醤油麹のやわらかサラダチキン。麹の効果と余熱で火を通すことでパサつきがちな鶏むね肉でもしっとり仕上がります。お鍋に入れたらほったらかしでできるので、想像以上に手軽に作れます。そのまま食べるのはもちろん、麺類の上に乗せたり、サンドイッチ挟んだりしてにアレンジするのもおすすめですよ。醤油麹を塩麹に代えてプレーン味としても楽しめます。

レシピについて

煮汁はお好みでフライパンや電子レンジで煮詰めると良いです。
鶏肉は冷たいままだと加熱むらができたり生の部分があったりするので、冷蔵庫から30分程出して常温に戻しておいてください。
大きめの鍋でたっぷりの湯を沸かし、グツグツ沸騰してから鶏肉を入れてください。鍋の湯は2.5リットル以上が目安です。
カットして赤い部分が残っている場合は電子レンジ等で追加加熱してください。

調理手順

  1. 鶏肉はフォークで両面、数か所穴を開ける。
  2. 耐熱のポリ袋に全ての材料を入れてもみ込み、空気を抜いて口をしばり冷蔵庫で1時間以上置く。
  3. 大きめの鍋にたっぷり湯を沸かし、常温に戻した鶏肉を袋ごと入れフタをして火を止める。
  4. そのまま1時間半置き、取り出して食べやすい大きさに切る。
  5. 皿に盛り好みで黒コショウ、青ネギの小口切り(分量外・各適量)を散らし煮汁をかける。

材料  3〜4人分

鶏むね肉 1枚
醤油麹 鶏肉の10%
生姜(すりおろし) 小さじ1
ニンニク(すりおろし) 小さじ1

発酵食大学オンラインショップ
通信部