糀の寿司ケーキ

  2018.06.25

このレシピの作者発酵食大学

調味料を入れてから炊飯するので、すし酢を混ぜ込む必要のない時短レシピ。市販のすし酢を使わず、発酵調味料の酢とみりん、塩糀を使ったほんのり優しい寿司飯です。

レシピについて

型をひっくり返す時に崩さないよう、思い切って返すのがポイント。多少崩れてもラップの上から形をととのえればOKです。
レンコンやシイタケ、ニンジンを入れて炊き込むとちらし寿司になります。

調理手順

  1. 米はといで炊飯器の内釜に入れ、酢、みりん、塩糀を入れてから水を2合の目盛りよりやや少なめに合わせ、昆布を加える。
  2. 炊飯し、昆布を取り出し混ぜてから冷ます。ご飯を炊いている間に、<A>の材料で炒り卵をフライパンで作る。
  3. アボカドをスライスし、レモン汁をかける。<飾り用>のキュウリとトマトの切り方は好みで。
  4. ケーキ型にラップをまんべんなく貼る。
  5. 生ハムを隙間を開けながら置き、その上にアボカドを放射線状に置く。炒り卵を全体に置く。
  6. ご飯を型が崩れないようにしっかり押さえながらしき詰める。
  7. 皿をかぶせて型をひっくり返す。ラップを外し、生ハムやサーモンで作った花をのせ、皿にキュウリとトマトを飾ってできあがり。

材料  4人分

2合
大さじ3
みりん 大さじ3
塩糀 大さじ1
昆布 1枚
<A>
2個
塩糀 小さじ1
甘酒 小さじ2
少々
<飾り用>
アボカド 1/2個
スモークサーモン 適量
生ハム 適量
キュウリ 適量
ミニトマト 適量
レモン汁 適量
Pocket

発酵食レシピをメールでお届け!