甘酒で作る!ふんわり甘いそぼろ弁当

  2016.04.04

このレシピの作者発酵食大学

発酵食大学では、減塩ならぬ「減糖」も大きなテーマ。朝の忙しいときにも美味しいお弁当を作りたい!簡単にコクが出せる糀調味料を活用したい!と思い作りました。
甘酒を使えば、砂糖を使わなくても、旨味があって甘い味わいのおかずができます。

レシピについて

フライパンは、茹でる、いり卵、鶏そぼろの順にに調理に使うと、フライパンを毎回洗わずに作れます。
鶏ひき肉は、加熱する前に調味料を混ぜ込むと味がなじみ美味しく仕上がります。
炊飯の際、飾りや付け合せ野菜をアルミホイルに包み、米の上に置いておくと、ご飯が炊けたとき一緒に蒸しあがります。

調理手順

  1. ニンジンをアルミホイルに包み、米の上に置いて米と一緒に炊飯する。
  2. フライパンに1㎝程の水を入れて沸かし、筋を取ったスナップエンドウを入れて2分程茹でる。ザルにあげて水気を切り、斜め薄切りにする。
  3. 溶き卵に塩糀、甘酒大さじ3を入れてよく混ぜ、熱したフライパンになたね油をしき、卵を流し入れる。菜箸を使い炒り卵を作り器によけておく。
  4. 同じフライパンに、火をつけず鶏ひき肉、甘酒大さじ1、しょうゆを入れてよく混ぜる。
  5. ひき肉全体に調味料が行き渡ったらフライパンを中火にかけて、汁気が少なくなるまで菜箸で炒りつける。
  6. やわらかくなったニンジンは薄く輪切りにして、型抜きで好きな形を作る。
  7. 弁当箱に炊きあがったご飯を詰め、鶏そぼろ、炒り卵、エンドウ、ニンジンを彩り良く盛り付ける。

材料  2人分

鶏ひき肉 150g
甘酒 大さじ4
しょうゆ 大さじ1
2個
塩糀 小さじ1
なたね油 小さじ2
スナップエンドウ 8本
粗塩 小さじ1
ご飯 茶碗2杯分
ニンジン(飾り用) 30g
Pocket

多くの方が発酵食大学で学んでいます!

通信部お客様の満足度メールマガジン登録