酒粕と塩麹のカボチャポタージュ

このレシピの作者発酵食大学

酒粕のコクと塩麹がうま味が隠し味。いつものカボチャのポタージュが奥深い味わいにレベルアップ。酒粕が苦手な方も美味しくいただけます。

レシピについて

豆乳(または牛乳)を入れる前のピュレ状のとき(工程4)に、ジッパー付き保存袋などに取りわけて冷凍保存可能です。解凍する際は、小鍋にピュレと牛乳を入れて火をかけ、温めながら溶かして塩コショウで味をととのえると良いです。
酒粕を入れることによってとコクが増します。
塩麹は塩分濃度13%のものを使っています。塩加減はお好みで調整してください。

調理手順

  1. 鍋にオリーブオイルとニンニク、タマネギを入れ火をつける。
  2. タマネギがやや透明になってきたら、2~3cm角に切ったカボチャを加え炒める。
  3. 2がかぶるくらい水と酒粕を加え、カボチャがやわらかくなるまで煮る。
  4. カボチャがやわらかくなったら、塩麹を加えてミキサーやブレンダーでなめらかにする。
  5. 豆乳(または牛乳)を入れて温め、仕上げに塩コショウで味をととのえる。

材料  2人分

カボチャ 1/4個
タマネギ(粗みじん切り) 小1個
ニンニク(みじん切り) 1片
豆乳(または牛乳) 200ml
塩麹 大さじ2
酒粕 大さじ1と1/2
オリーブオイル 大さじ1
適量
塩コショウ 適量
通信部