カボチャで作る甘酒(ペースト状)

  2020.10.29

このレシピの作者発酵食大学

食物繊維とビタミンがたっぷりなカボチャを使った甘酒。ペースト状にすることでお菓子作りの甘みとして使いやすくなります。

レシピについて

カボチャは皮付き、皮なしどちらでも良いです。皮なしのほうが色がきれいになります。
途中で数回混ぜることで甘みが均一になり美味しく仕上がります。
スイーツを作る際の甘みとして使ったり、パンやクラッカーの上に乗せたりしても合います。

調理手順

  1. カボチャは種とワタを取って3cm角程度に切り、蒸し器で柔らかくなるまで蒸す。
  2. ボウルに入れマッシャーで潰してなめらかにする。
  3. カボチャの粗熱が取れたら、ヨーグルトメーカーに入れて乾燥麹、水を加えてよく混ぜ、58度で10〜12時間保温する。途中で何度か混ぜる。
  4. ブレンダーやフードプロセッサーなどでなめらかになるまで撹拌する。

材料  作りやすい分量人分

カボチャ 1/4個(約320g)
乾燥糀 180g
200ml
Pocket

発酵食を気軽に学ぼう!

通信部LINE友だち追加メールマガジン登録