塩糀と鶏もも肉のパリパリソテー

  2021.08.05

このレシピの作者発酵食大学

味付けは塩糀だけ。重しをして皮をパリパリに仕上げます。シンプルなごちそうレシピです。

レシピについて

鍋やフライパンで重しをすることで、皮がパリパリに仕上がります。
軽い鍋やフライパンの場合は水を入れると良いです。
途中であまり触らず、焼き色が付くのをじっと待つのがポイント。
お好みで黒コショウやレモンを絞ってかけても美味しいです。

調理手順

  1. 鶏もも肉の身の厚い部分に切り目を入れて開き、ポリ袋に塩糀とともに入れて揉み込む。冷蔵庫で半日以上寝かせ、取り出して常温に戻しておく。
  2. 油をひいた冷たいままのフライパンに、皮目を下にして鶏肉を置き火を付ける。アルミホイル、重し代わりの鍋(またはフライパン)を順に乗せて7〜8分中火でこんがり焼き色が付くまで焼く。
  3. 余分な油を拭き取り、裏返してインゲンを加えて弱火で5分程焼く。焼き色が付いたら皿に盛る。

材料  2人分

鶏もも肉 1枚(300g)
塩糀 大さじ2
インゲン 6〜8本
小さじ1
Pocket

発酵食を気軽に学ぼう!

通信部LINE友だち追加菌トレおとりよせ講座