春菊ともやしの塩麹ゴマ酢和え

このレシピの作者発酵食大学

塩糀、甘酒、酢と発酵調味料をたっぷり使ったヘルシーな和え物。作り置きやお弁当にもぴったりな一品です。

レシピについて

もやしと春菊は茹ですぎに注意してください。
すりゴマの代わりに練りゴマでも良いです。
ツナは汁気のないパックタイプのものを使いましたが、缶詰を使うときは軽く水分を切ると良いです。
作り置きする場合は、冷蔵庫で3〜4日を目安にお召し上がりください。
市販の甘酒を使う場合は濃縮タイプがおすすめです。
塩麹は塩分濃度13%のものを使っています。味をみて調整してください。

調理手順

  1. 鍋にたっぷりの湯を沸かし塩(分量外・適量)を入れ、もやしと春菊をそれぞれさっと茹で(1分程度が目安)水にさらして水気を切る。
  2. 春菊の茎の固い部分は切り落とし、葉の部分は3cm程度の長さに、茎の部分は1〜2cmの長さに切る。
  3. ボウルに<タレ>を入れて混ぜ、水気を絞ったもやしと春菊、ツナを加えて和える。

材料  4人分

春菊 1束
もやし 1袋
ツナ水煮 1パック(缶)
<タレ>
甘酒 大さじ2
塩麹 大さじ1
純米酢 大さじ1
すりゴマ 大さじ2