塩麹と甘酒のふわふわ卵サンド

このレシピの作者発酵食大学

ふわふわ&プルプル。お出汁の美味しさが引き立つ上品な甘さのだし巻き卵。使う発酵調味料は甘酒と塩麹のほかに隠し味にお酢。砂糖不使用、麹の自然な甘みが広がるやさしい味の卵焼きです。そのままでもちろん、ランチにぴったり。

レシピについて

卵はふわふわに仕上げるため、アルミホイルで包んで予熱で火を通します。

調理手順

  1. ボウルに卵を割り入れ、<A>を加えてよく混ぜる。
  2. フライパンに米油(分量外・大さじ1)をよく熱し、中火で1を流し入れる。
  3. 卵のまわりが固まってきたら、全体をぐるりと混ぜる。
  4. 3の表面が固まってきたらフライパンの中央に寄せ、フタをして弱火にして1分たったら火を消す。
  5. 3分ほどそのままにしてから、広げたアルミホイルにのせ形を整えて包み、5分ほど置く。
  6. パンにバターと粒マスタードを薄く塗る。
  7. 5の卵をパンの大きさに合わせて4辺を切り落とし、6のパンで挟む。半分に切り、皿に盛り付けてできあがり。

材料  1〜2人分

3個
食パン 2枚
バター 適量
粒マスタード 適量
<A>
甘酒 大さじ2
塩麹 小さじ2
だし汁 60ml
純米酢(またはワインビネガー) 小さじ1

前の記事

万能ネギ塩麹タレ

次の記事

酒粕のタンドリーポーク