菜の花といしるのエスニック風和え

このレシピの作者発酵食大学

菜の花とピーナッツを発酵調味料のいしるタレで和えたエスニック香る一品。煮干しが入っているのでカルシウムも摂れますよ。さっと作れて、おかず以外にもお弁当やおつまみにもおすすめ。

レシピについて

煮干しの目玉部分は固いのでできるだけ取り除くと良いです。
作り置きする場合は冷蔵庫で保存して3日程を目安にお召し上がりください。
ピーナッツは殻付きの食塩不使用のものを使っています。食塩が入っているものの場合はいしるの量を味を見て調整してください。
仕上げにゴマ油をたらして風味付けしても美味しいです。

調理手順

  1. 菜の花は水洗いし、つぼみの部分と茎の部分に切り分ける。
  2. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩小さじ1(分量外)を入れ、菜の花の茎側を入れ、30秒たったらつぼみ側を加える。30秒ほどでザル上げし、冷水にさらして水気をしぼる。
  3. フライパンに煮干しを折りながら入れ、くだいたピーナッツを加え2分ほど乾煎りする。
  4. 菜の花と調味料をしっかり混ぜ合わせ、3を加えて和えたらできあがり。

材料  4人分

菜の花 1束(約200g)
煮干し 15g
ピーナッツ 15~18g
<調味料>
いしる 小さじ2
レモン汁 大さじ1と1/2~2
ハチミツ 小さじ1/2

次の記事

納豆とキムチの巾着