いしるの焼きおにぎり

このレシピの作者発酵食大学

魚醬「いしる」を使った焼きおにぎり。魚介の旨味がと詰まっていつもの味がレベルアップした美味しさに。炊き込みご飯にしてから焼くので中まで味がしみていて失敗なしに作れます。

レシピについて

いしるは1本持っておくと万能な発酵調味料ですが、なければナンプラーでも代用可能です。

調理手順

  1. 米は洗って浸水する。いしるを加えて、炊飯器の内釜の2合のメモリまで水を加える。ショウガを加えて炊く。
  2. 炊きあがったら、白ゴマ、大葉を加えて混ぜ、三角ににぎる。
  3. 熱したフライパンにゴマ油をしき、にぎったおにぎりを並べ両面に焼き色がついたらしょうゆを回しかけてできあがり。

材料  作りやすい分量人分

2合
しょうゆ 大さじ1
いしる 大さじ1
大葉(粗みじん切り) 5〜6枚
ショウガ(千切り) 1片
白ゴマ 大さじ2
ゴマ油 大さじ1

次の記事

塩麹と甘酒の水キムチ