塩麹の焼ききのこ混ぜご飯

このレシピの作者発酵食大学

食物繊維豊富なきのこたっぷりの混ぜご飯。こんがり焼き色をつけることで、きのこの旨味を引き出しています。塩麹の優しい甘みが加わり、ゴマ油の香りが食欲をそそります。多めに作って冷凍ストックするのもおすすめです。

レシピについて

塩麹は塩分濃度13%のものを使いました。塩加減はお好みで調整してください。
きのこは、しいたけやエリンギ、しめじなどを使ったり刻んだ大葉や小ネギを加えてアレンジしたりしても美味しいです。
おにぎりにする場合、きのこたっぷりで崩れやすいので、ラップや海苔で巻くと食べやすいです。
塩麹は非加熱の状態でご飯に加えると、お米がどろどろに溶けてしまうので、しっかり火を通してから加えてください。

調理手順

  1. フライパンにゴマ油をひき、ほぐした舞茸を全体にこんがり焼き色がつくまで返しながら焼く。
  2. マイタケに火が通ったら、塩麹、しょうゆを加えて混ぜて火を止め、ご飯に加えて混ぜ合わせる。

材料  2〜3人分

マイタケ(好みのきのこ) 100g
炊いたご飯 350g
塩麹 大さじ1
しょうゆ 小さじ1/2〜2/3
ゴマ油 小さじ2

次の記事

鮭のちゃんちゃん焼き