納豆と豆腐の塩糀チゲ

  2016.02.08

このレシピの作者発酵食大学

納豆の匂いがやわらぐので納豆が苦手な人でも食べやすいです。
エノキは細かく刻むと汁にとろみが出てうまさが出ます。
ざく切りにした白菜などの冬野菜を加えたり、生卵を落として食べるのもおすすめ。
刻んだ野菜がたくさん入っているのでスルスルとたっぷり食べられます。
手順も簡単、材料も安く手に入るものばかりで作れます。

レシピについて

納豆と塩糀がコクを出してくれるピリ辛チゲ。発酵食大学の調理実習でもおなじみのメニュー。

調理手順

  1. 豆腐を8等分に切る。エノキ、長ネギはみじん切りにする。
  2. 鍋に、ショウガ、ニンニク、唐辛子、ゴマ油を入れて中火にかける。
  3. 2がチリチリしてきたら水2カップ(分量外)、豆腐以外の頃の材料すべてを加えてフタをして煮込む。
  4. 3が沸騰したら豆腐を加え、再び煮立ったら火を止めてできあがり。

材料  4人分

ひきわり納豆 1パック
豆腐(絹でも木綿でも) 1丁
エノキ 2袋
長ネギ 1本
ショウガ(すりおろし) 小さじ1
ニンニク(すりおろし) 小さじ1/4
一味唐辛子 小さじ1~2
ゴマ油 小さじ2
塩糀 大さじ2~3
Pocket

多くの方が発酵食大学で学んでいます!

通信部LINE友だち追加メールマガジン登録