ブリの酒粕味噌漬け

  2015.11.24

このレシピの作者penco

ブリの強い香りと合わさることで、酒粕がおどろくほどまろやかな味わいになり、酒粕の苦手な人でも楽しめます。
子どもでも食べやすいよう、漬け床を作る際は少し火にかけ、アルコール分を飛ばしました。
甘味は、砂糖だけでなく甘酒も加えることで味により深みが出ます。

レシピについて

ブリの独特のにおいが酒粕の香りと混ざり、良い化学反応のように、まろやかなで優しい上品な味わいになります。
血合いの部分の生臭さも酒粕によって緩和され、ブリの美味しさを存分に味わえます。

調理手順

  1. 漬け床を作る。鍋に酒粕、みりん、砂糖を入れへらで混ぜ合わせる。ブリは塩を軽くふっておく。
  2. 1の鍋を火にかけながら、なめらかになるように混ぜ合わせる。沸騰しない程度に温まってきたら甘酒を入れてひと混ぜし、火からおろす。
  3. 塩をふったブリの水気をキッチンペーパーでしっかりとふく。漬け床の熱が冷めたら、密閉容器に唐辛子とブリと一緒に入れる。
  4. ブリがしっかり酒粕の漬け床に隠れるようにして、ひと晩置く。
  5. 漬け床をよくペーパーでふき取り、焦げないように注意しながら弱火~中火で焼いてできあがり。

材料  2人分

ブリ(切り身) 2切れ
酒粕 150g
味噌 (しょうゆにかえてもOK) 大さじ2
みりん 大さじ1
砂糖 小さじ1
甘酒 大さじ1
赤唐辛子 適量
Pocket

多くの方が発酵食大学で学んでいます!

通信部お客様の満足度メールマガジン登録