ミニトマトのみりん蜜漬け

  2016.09.05

このレシピの作者発酵食大学

砂糖を使わず、みりんを煮詰めた蜜にミニトマトを漬けました。後味さっぱり、甘い蜜ごと飲み干したくなるスイーツです。

レシピについて

とろみのあるみりん蜜にトマトを入れると汁気が出て、漬け汁がちょうど良い甘さでさっぱりした味わいになります。
ひと晩ほど置くと、みりん蜜がしみてミニトマトがブドウのような甘味になります。
みりんは煮詰めすぎると飴のようにとろみが強くなっていきます。半分くらい煮詰まった状態でOK。アルコールが飛び、甘味が出ます。
酸っぱかったり、皮がかたかったりするミニトマトが蜜漬けで美味しくなります。湯むきで皮はしっかりむいてください。
漬け汁が残ったら、炭酸水で割って飲んでも美味しいです。

調理手順

  1. ミニトマトはへたを取って皮に楊枝で1つ穴をあけ、熱湯に入れすぐに冷水にとる。指でつるりと皮がむける。
  2. みりんを鍋に入れて火にかけ沸かす。半分量になるまで煮詰める。
  3. 2が温かいうちに1を入れる。粗熱がとれたら洗ったミントの葉を入れて冷蔵庫で冷やす。

材料  作りやすい分量人分

ミニトマト 30個程度
本みりん 300ml
ミント等ハーブ 適宜
Pocket

多くの方が発酵食大学で学んでいます!

通信部LINE友だち追加メールマガジン登録