しょうゆ糀の青シソガパオ風ライス

  2016.09.21

このレシピの作者発酵食大学

青シソたっぷりの、後味さわやかな肉そぼろがポイント。しょうゆ糀でしっかり味がつき、隠し味のいしるの風味がきいています。青シソの香りといしるの風味でエスニックに仕上げています。食が進む一品。

レシピについて

ひき肉に味をつけてから炒めること。肉にしっかり味がつきます。
肉を炒めてから野菜を炒めること。野菜の歯ごたえを残せます。
本家ガパオライスは、バジルの葉を使います。もちろんバジルの葉で作っても良いです。シソと異なる風味がつきます。
目玉焼きはフタをせず中火で焼くと、白身がカリッとして黄身がとろりと仕上がります。
採れたての青シソは香りが良く、肉のくさみをやわらげてくれます。

調理手順

  1. タマネギは粗みじん切り、ナスとパプリカは角切りにする。青シソはざく切りにする。
  2. 豚ひき肉にしょうゆ糀、みりん、すりおろしニンニクを加えて混ぜる。
  3. フライパンを熱してなたね油をひき、1を入れてほぐすように炒める。
  4. 肉がポロポロほぐれ色が変わったら、タマネギを入れてすき通るまで炒める。
  5. ナス、パプリカを加えて炒め、ナスがしんなりしたら火を止め、青シソを入れてざっと混ぜ合わせる。
  6. フライパンで目玉焼きを焼く。
  7. 皿にレタスをしき、ご飯を盛ったら上からくだいたクルミをふる。5をかけて目玉焼きをのせる。

材料  4人分

豚ひき肉 300g
しょうゆ糀 大さじ1
みりん 大さじ1
ニンニク(すりおろし) 1片分
タマネギ 1/2個
ナス 1~2本
パプリカ 1/2個
青シソ 20枚
なたね油 大さじ1
いしる 大さじ1
4個
レタス 適宜
ご飯 4杯分
クルミ 10g
Pocket

多くの方が発酵食大学で学んでいます!

通信部LINE友だち追加メールマガジン登録