鶏と塩糀の中華粥

  2020.01.14

このレシピの作者発酵食大学

塩糀をもみ込んだ鶏胸肉を一緒に炊くことで、お肉がしっとりと仕上がります。風邪や胃腸が弱っている時にも食べやすく、体がポカポカに温まりますよ!鶏と塩糀の旨味たっぷりのお腹に優しいお粥です。

レシピについて

吹きこぼれそうならフタを少しずらすと良いです。
パクチーや三つ葉、カイワレなど好みの野菜をトッピングしてください。

調理手順

  1. ポリ袋に鶏胸肉と塩糀を入れもみ込み、3時間~1晩冷蔵庫に置く。
  2. 鶏肉を冷蔵庫から取り出して常温に戻す。米をとぎ、ザルにあげて置く。やかんなどで湯を沸かしておく。
  3. 鍋にゴマ油とショウガを入れて点火する。弱火で炒め、ショウガの香りが立ったら米を入れる。
  4. 米に油がなじんだら中火にして熱湯、鶏肉、ネギを入れる。沸騰したらフタをして弱火にし、50分程コトコト煮込む。
  5. 途中数回かき混ぜ、炊きあがる10分くらい前に鶏肉とネギを取り出す。塩で味をととのえる。
  6. お粥を器に盛り、食べやすい大きさに切った鶏肉をのせてできあがり。

材料  4人分

鶏胸肉 1枚
塩糀 大さじ1
1合
ショウガ(すりおろし) 大さじ2
ゴマ油 大さじ2
熱湯 8カップ
ネギ(青い部分) 2本
適宜
パクチーや三つ葉など 適量
Pocket

発酵食を気軽に学ぼう!

通信部LINE友だち追加メールマガジン登録