卵と生きくらげのしょうゆ糀炒め

  2021.08.17

このレシピの作者発酵食大学

シンプルな味付けであっという間にできる一品。きくらげのコリコリと卵のふわとろ食感が相性バツグンです。

レシピについて

テフロン加工のフライパンを使用する場合は、3の工程の際ではなく、4のときにフライパンのあいたスペースにゴマ油を入れてから卵を流し入れるとふわトロに仕上がります。
乾燥きくらげの場合は、8〜9gを水で戻してお使いください。

調理手順

  1. モヤシと生きくらげは水洗いして、水気をよく切る。きくらげは固い部分があれば取り除き、食べやすい大きさに切る。
  2. 卵はボウルに割り入れ、しょうゆ糀を加えて混ぜ合わせる。
  3. フライパンにゴマ油を熱し、モヤシときくらげを中火で30秒ほど炒め、フライパンの端に寄せる。
  4. フライパンのあいたスペースに2の卵を流しいれ炒める。好みの固さに火を通したら塩コショウで味をととのえる。
  5. 皿に盛り、小ネギを散らしてできあがり。

材料  2人分

きくらげ(生) 80~90g
モヤシ 1/2袋
しょうゆ糀 大さじ1
ゴマ油 大さじ1
塩コショウ 適量
小ネギ(小口切り) 2本
Pocket

発酵食を気軽に学ぼう!

通信部LINE友だち追加菌トレおとりよせ講座