切り干し大根の塩糀炒飯

  2017.02.06

このレシピの作者発酵食大学

切り干し大根の味わい、食べごたえが楽しい炒飯。塩糀で味付けし、仕上げにいしるで風味アップ!

レシピについて

具材にしっかり味をつけるのがコツ。少し濃い、または、辛いくらいでご飯となじませると具の味が際立ちます。
仕上げのいしるは、味付けというより香りづけ程度に。
切り干し大根の戻し汁はスープ等に使うと良いです。

調理手順

  1. 切り干し大根はさっと洗ってから水50ml程(分量外)に10分つけて戻し、水気を軽くしぼる。
  2. マイタケはほぐしてざく切りにする。長ネギは小口切り。1の切り干し大根は短めにざく切りにする。
  3. ボウルに卵を溶き、塩糀を小さじ1を入れて混ぜる。
  4. フライパンに油大さじ1をひき、煙が出るほど熱したら3の溶き卵を入れ、大きくかき混ぜる。半熟状のままボウルに戻す。
  5. フライパンをペーパー等でふき、油を大さじ1を入れ、マイタケと長ネギ、切り干し大根を炒める。塩糀、豆板醤も加えてさらに炒める。
  6. ご飯を加え炒め合わせ、さらに4の卵を加えて炒める。フライパンのふちからいしるを回しかけ、香りをまとわすようざっと混ぜる。
  7. 仕上げに長ネギの青い部分を刻んだもの(分量外)を散らしてできあがり。

材料  4人分

ご飯 1合分
切り干し大根 15g
マイタケ 40g
長ネギ 1/4本分
なたね油 大さじ2
1個
塩糀(溶き卵用) 小さじ1
塩糀(具材炒め用) 大さじ1
豆板醤 小さじ1/2
いしる(またはしょうゆ) 小さじ1
長ネギ(青い部分) 適量
Pocket

多くの方が発酵食大学で学んでいます!

通信部LINE友だち追加メールマガジン登録