甘酒牛丼

  2016.11.28

このレシピの作者発酵食大学

甘酒のやさしい甘さが後味に。糀パワーでお肉はやわらかくなり、小さい子どもやお年寄りでも食べやすいです。
お肉もご飯もたくさん食べられます!

レシピについて

牛肉に塩糀をまぶすことで、肉がやわらかくなり食べやすいです。長く漬け込みすぎると、生臭さが出るので注意してください。
セリは余熱で火を通すくらいで良いです。セリがなければ三つ葉でも美味しいです。

調理手順

  1. ビニール袋に牛肉と塩糀を入れて口を結び、肉全体に塩糀がいきわたるようにもみこむ。20分ほど置いておく。
  2. タマネギは縦に薄切り。セリはざく切りにする。
  3. 鍋に水、甘酒、しょうゆ、タマネギを入れて煮る。タマネギが半透明になったら牛肉を入れて肉に火が通るまで煮る。
  4. 3にセリを入れたら火を止め、全体をざっくり混ぜ合わせる。
  5. 丼にご飯を盛り、4をかける。

材料  2人分

牛こま切れ肉 200g
塩糀 20g
タマネギ 100g
セリ 1/2束
50ml
甘酒 50g
しょうゆ 大さじ1
ご飯 丼2杯分
Pocket

多くの方が発酵食大学で学んでいます!

通信部お客様の満足度メールマガジン登録